ホーム > 新島 > 新島モヤイ像物語

新島モヤイ像物語

新島 モヤイ像物語

モヤイ像は、大後友市(ダイゴユウイチ)氏と地元の友人達、それに“よそ者”と呼ばれる島外の仲間達が創り出したロマンである。

夢を追い続けた漢がいた。モヤイ像の生みの親である大後友市氏は「私は夢が好きだ」。このように自負する。波静かな海を好まず、夢があれば実現するために、荒れくるう海原に向かって突き進んで船出して行く気概を持った人間である。

離島ブームが始まった昭和40年代、お土産と言えば名物のクサヤ。その他の多くは、ラベルだけが新島という商品が店頭に並んでいた。

このことを危惧した大後氏は、本当のメイド・イン新島のお土産を創らなければと思いをめぐらす。結果、世界でも新島とイタリアのレパリ島でしか採掘されないコーガ石を素材にして加工した民芸品「こけし人形」を生み出した。ただ、当時を振り返ると「彫る技術も絵付けも素人で“冷や汗”ものの出来だった」と後述している。しかし、それはまぎれもないオリジナル商品の誕生であった。

それを完成させると次に「新島の観光シンボルそのものになるものはないか!」と新たな夢を持った。 「もし、本気で島おこしを狙うなら、必要なのは強烈なシンボルである」と。

「よし!巨石に顔を彫ろう。それを村内に並べる。壮大なロマンの島ができる!」

当時、モヤイ像が生まれるまでは、批判的意見などがたくさんあったが気にしなかったしという。何故なら、夢を理解してくれる仲間達が協力してくれたからだ。特に心の支えとなったのは島外の“よそ者”である。彼らは多くのヒントをくれたし知恵を絞り力を貸してくれた。

この島には古くから「モヤイ」と呼ばれる美しい風習がある。それは島民が力を合わせる時に使われる言葉で、共同の意識から生まれた精神であり、素朴な人々のやさしい心を表すものである。

「このモヤイ精神は、島の物語でありながら、実は“よそ者”達の物語でもあるのだな」と大後氏は感じたという。 そのような思いから、コーガ石の巨石を「モヤイ像」と名付けた。

モヤイ像は、島民とお客様とをつなぐシンボルであると同時に友人達との絆の証でもある。 さらに、過去の先人達から学び現在を生きぬき、未来へと発展させていく道標となるのだ!と・・・・

こうして、その夢が現実となり島中にモヤイ像が立ち並んだのだ。

他に類を見ない巨石の群像は、多くのマスコミに取り上げられ新島が全国的に知られる機会となった。

やがて注目され始めたモヤイ像は、島内だけにとどまらず全国へと旅立っていく。

今、ご覧になっているモヤイ像は、どこかで見たり聞いたりしたことがあると思いませんか? そうです、渋谷駅に置かれているモヤイ像と同じ顔をしています。あのモヤイ像は大後氏と友人達の手により彫りあげられ、新島から渋谷区へ贈られたものです。

私たちは、夢を抱き、けっして諦めなかった彼らの熱き情熱と功績を称えるとともに、後世にモヤイ精神を繋げていくためにこの像を設置しました。

※参考文献:1990年に株式会社六興出版から発行された、編者吉岡 攻氏による「モヤイー新島・島おこし」

平成28年3月 東京都新島村

 

The Moyai Statues of Niijima

The moyai statues of Niijima are a dream come true for Niijima resident Yuichi Daigo along with local friends and associates from off the island known as ‘outsiders’.

Yuichi Daigo was a man of conviction who pursued his goals to the end. The father of Niijima’s moyai statues boasts, “I love dreams.”

Not fond of calm seas, the courageous Daigo would readily launch his boat into the fiercest storms in order to accomplish his dreams.

During the boom years of the 1960s, the only locally produced souvenir was preserved fish called ‘kusaya’. Most other souvenirs were made elsewhere and simply labeled with a Niijima sticker.

Discontent with the status quo, Daigo began dreaming up an authentic Niijima souvenir. The result was a ‘kokeshi’ style doll made from Koga stone, a kind of rhyolite only found on Niijima and Lipari Island in Italy. Looking back, Daigo reflects that “the carving and painting was chillingly amateur”. Nonetheless, he had undeniably created a new, authentic souvenir from Niijima.

After creating the first dolls, Daigo moved on to his next dream of ‘creating a new tourist symbol of Niijima’. He believed that ‘if we want to promote the islands, we need a powerful symbol’.

 “Let’s carve faces in giant rocks, and place them throughout the village. We will create an island of grand dreams!”

At first the statues were the subject of much criticism, however Daigo continued undeterred with the help of friends who were sympathetic to his dream and ‘outsider’ confidants from off the island who shared their ideas and knowledge.

There is an age-old custom on the island known as ‘moyai’, where people come together in solidarity. It also reflects a mental state arising from a common awareness, and the compassion of honest people. Daigo was said to have felt that “the moyai spirit belongs to the island, but it also belongs to ‘outsiders’.” The name for these giant stone statues was chosen to convey the moyai spirit.

Moyai statues are a symbol connecting islanders with visitors, and they are also testament to the bond between friends. Furthermore, they mark the way to the future, grounded on the lessons from our ancestors and endeavors of the present.

The moyai statues dotting the island today are testament to Daigo’s dream.

Wide media coverage of the instantly recognizable giant stone statues put Niijima in the spotlight, spreading the name around Japan.

As word of the moyai statues spread, they embarked across the country.

Chances are the moyai statue in front of you seems familiar. That is because there is a similar looking moyai statue in front of Shibuya station in Tokyo. Possibly the most famous of all moyai statues, it was hand carved by Daigo and his friends and gifted to Shibuya ward.

This statue was erected to honor the passion and exploits of those who never gave up on their dreams, and to pass on the moyai spirit to future generations.

*Reference: ‘Moyai – Niijima Shimaokoshi’ published by Rokko Publishing in 1990, edited by Kou Yoshioka

Niijima Village, March, 2016

お問い合わせ先

新島村役場産業観光課
〒100-0402 東京都新島村本村1丁目1番1号
電話:04992-5-0284 FAX:04992-5-1304

観光

ページの先頭へ