校長室より

ホーム > 施設案内 > 公立学校等 > 新島村立式根島小学校 > 校長室より

式根島学園式根島小学校 学校経営方針

校 長  大野 正雄

1 はじめに

施設隣接型小中一貫教育校「式根島学園」として、今年度で3年目を迎えます。式根島中学校との連携により進めている教育活動も成果と課題を明確にし、取組を続けています。

式根島の豊かな自然と郷土の文化に愛着と誇りをもち、子供たちが、知性、感性、道徳心と体力を育み、社会の変化に主体的に対応できる力と人間性豊かに生きる力を培い、式根島の小・中学校9年間を見通した教育活動を展開していきます。

 

2 教育目標

「ふるさと式根島を愛し、心身ともにたくましい子供」(小中共通)

◎すすんで学び考える児童  (問題解決力)

〇思いやりのある児童    (人間関係形成力)

〇あきらめずやりぬく児童   (実践力)

 

3 4つの基本方針

(1)すすんで学びを考える児童を育成するために(問題解決力)

9年間の連続した学びのうち、6年間の中で学習における基礎的・基本的な知識、技能の確実な習得と活用を

目指す。また、すすんで問題を解決し表現ができる「すすんで学びを考える児童」の育成に努める。

①各教科において、基礎的・基本的な知識、技能を習得するとともに、言語活動や動作で表現する

ことができる教育活動を実践する。

②主体的・対話的で深い学びを視点に、問題を主体的に捉え、すすんで考え、話し合い活動を通して、

問題解決を図る学習を推進する。

③教科横断的な視点により、学年や校種を超えた中学校との連携を通して、家庭学習の在り方や課題等の

設定により学習習慣の定着を図る。

 

(2)思いやりのある児童を育成するために(人間関係形成力)

子供一人一人が尊重されるとともに、いじめや体罰、差別や偏見のない学校づくりを進め、子供たちが生きがいをもって登校できる学校を目指す。そのために、特別の教科道徳の充実に努め、生命や人権を尊重し、自他ともに尊ぶことのできる「親切・思いやり」を重点項目として推進、育成する。

①特別の教科 道徳や特別活動の充実に努め,多様な他者の考えや立場を理解し、自分が置かれた状況を受け止め、他者と協力・協働することができる教育活動を推進する。

②人権教育の充実に努め、自他ともに尊ぶことのできる思いやりのある児童の育成を実践する。

③いじめの防止や不登校の未然防止及び対応に努め、「ふれあいアンケート」や教育相談を基に、組織的・計画的に対応をする。

 

(3)あきらめずやりぬく児童を育成するために(実践力)

キャリア教育の充実とスポーツタイムを活用した体力つくりの継続した取組を推進する。

①自分の目標に向かってあきらめずにやりぬく態度や将来在りたい姿を具体的にイメージし、その実現

に向けてキャリア・パスポートを活用したキャリア教育を中学校と連携しながら推進する。

②児童の体力の向上を目指すため、オリンピック・パラリンピック教育では、継続した取組を体育やスポーツタイムの時間に取り入れる。

(4)家庭・地域と連携した教育を推進するために

温かく学校を支えていただいている地域の方々からの支援や協力を受け、学校教育を実現させていく。

①小中一貫教育校式根島学園として、9年間の教育計画の系統性・連続性・統一性を具体的に深化・拡

大させ、検証を(子供・保護者・教員へのアンケート)重ねて、内容を充実させる。

②本校の特色ある学校づくりの一つとして、保育園、小学校、中学校、高等学校の各学校間との連携や

地域の人材や施設、文化財、自然環境の活用を教育活動に生かし、授業改善と深い学びへつなげる。

③個別の支援を要する児童の教育的なニーズに応じた指導を積極的に推進し、困り感の解消及び能力の伸長を図るために特別支援教室を開設し、児童の指導や支援の充実に努める。

 

 

お問い合わせ先

新島村立式根島小学校
〒100-0511 東京都新島村式根島244
電話:04992-7-0009 FAX:04992-7-0578

ページの先頭へ