業務用冷蔵・冷凍・空調機器の所有者のみなさまへ

ホーム > くらしの情報 > 生活・環境 > ごみ・リサイクル > 業務用冷蔵・冷凍・空調機器の所有者のみなさまへ

正しい管理・廃棄をお願いします!

飲食店の冷蔵庫や事務所のエアコンなどの業務用機器には、家庭用と比べて大量のフロンが使われています。これらの機器が不要になったり修理をする時は、フロンを大気中に放出しないようにしなければいけません。(東京都環境局パンフレットPDFファイル(652KB)

フロン類をみだりに大気中に放出することは禁止されており、違反した場合は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金の対象になります。

 

定期点検が必要です

平成27年4月に施行された「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)」では、第一種特定製品の管理者に対して、当該製品の適正管理が義務付けられています。

【第一種特定製品とは?】

業務用の機器で、冷媒としてフロン類が充てんされている、エアコンディショナー並びに冷蔵機器及び冷凍機器(自動販売機を含む。)です。

【管理者が取り組むべき事項は?】

機器の定期点検、点検の記録、記録の保存等です。

 

廃棄するときは?

東京都に登録しているフロン類回収業者一覧

 

 

冷凍冷蔵機器の買い替えを検討中の事業者の方へ

東京都では、省エネ型ノンフロン機器の買い替えに対する補助制度を実施しています。

補助の内容(平成28年度分)は次のとおり

補助対象者 中小事業者または個人事業者(リース業者を含む)
補助対象機器

省エネ型ノンフロン冷凍冷蔵機器であって、以下の条件を満たす機器が対象となります。

  1. 未使用品
  2. 都内の事業所に設置するもの
  3. 平成29年3月13日までに設置が完了するもの

補助条件

(全て満たすこと)

  1. 冷凍冷蔵機器の買い替えであること。
  2. 既設の機器に対してフロン排出抑制法の点検を実施し、補助対象機器を設置後、当該機器に対して点検の計画があること。
  3. ショーケースの見やすい位置にノンフロン機器であること、加えて、店舗の入り口等にノンフロン機器設置を掲示できること。
  4. 東京都暴力団排除条例に該当しないこと。
補助対象経費 補助対象機器の設置に係る経費

補助金の額

及び限度額

補助対象経費の3分の1

上限額 1台当たり666万7千円 かつ 1事業者当たり5,000万円

国等から補助金がある場合がある場合はその額を引き、上限まで

申請期間

平成28年5月9日(月)から平成29年2月28日(月)まで

ただし、申請額が予算額に到達した時点で受付終了

制度詳細ホームページ(http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/safety/cfc/nonfron‐go.html

詳しくは、東京都環境局 環境改善部 環境保安課 フロン対策担当(03-5388-3471) までお問い合わせください。

お問い合わせ先

新島村役場民生課民生係
〒100-0402 東京都新島村本村1丁目1番1号
電話:04992-5-0243内線108 FAX:04992-5-1304

ページの先頭へ